厚生労働省、新型コロナ陽性者との接触通知アプリをリリース

Photo

厚生労働省は6月19日、新型コロナウィルス感染者との接触を通知するスマートフォン向けアプリ「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の提供を開始しました。

アプリはAppleとGoogleが提携して定めたAPIを使用し、Bluetoothで接触情報を匿名で交換します。陽性者と接触した可能性が分かることで、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができるようになり、利用者が増えることで、感染拡大の防止につながることが期待されます。

iPhone版はiOS 13.5以上、Android版はAndroid 6.0以上に対応し、それぞれ以下のリンクからダウンロード可能です。

なおアプリの通称(?)は「COCOA」で、最初の公開日から1ヶ月間は試行版とのこと。

スポンサーリンク