Debian 10.5がリリース - GRUB2のBootHole脆弱性やその他のセキュリティ問題に対応

S 20200803 95210

Debianプロジェクトは8月1日(現地時間)、Debian 10の最新安定版「Debian 10.5」をリリースしました(公式ニュースPhoronix)。

Debian 10.5は、2019年7月に公開された「Debian 10 "buster"」の5番目のアップデートで、セキュリティ問題の修正や重大な不具合の修正が行われています。

注目の変更点として、Debianセキュリティアドバイザ「DSA-4735-1 grub2-GRUB2 UEFI SecureBoot」で指摘された、GRUB2 UEFI SecureBoot 'BootHole' 脆弱性への対応が挙げられています。

その他、Debian 10.5 では ClamAVアンチウイルスの更新、ファイルローラーのセキュリティ修正、fwupdateやその他のパッケージのDebian署名鍵の更新、JigdoのHTTPSサポートの修正、Linux 4.19カーネルのサポートの更新、PHP Hordeクロスサイトスクリプティング問題の修正などがが行われています。

Debian 10.5のその他詳細な変更点は公式サイトで確認可能です。

Responsive タイトル Debian GNU/Linux
公式サイト http://www.debian.org/index.ja.html
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2043-debian-gnu-linux
説明 パッケージ管理が強力なLinuxディストリビューション。

スポンサーリンク