Debian 10 "Buster"は2019年中頃に登場 Debian 12の名前は"Bookworm"に

Image

Debian開発チームは16日、Debianの次期バージョン「Debian 10 "Buster"」のリリーススケジュール等、Debianに関する最新の情報を公開しました(Phoronix)。

この情報によるとDebianリリースチームはDebian 10.0 "Buster"に関し、2019年1月12日にtransition freezeを、2019年2月12日にSoft-freezeを、2019年3月12日にFull-freezeを計画していて、正式版の公開は2019年の中頃を予定しているとのこと。

その次のバージョンとなるDebian 11 "Bullseye"では、継続的なインテグレーションや自動パッケージテスト等の導入による、より自動化された品質テストの導入が計画されています。Debian 11は過去のリリーススケジュールからすると、2021年のリリースが予想されます。

これに加えDebian 12のコードネームが"Bookworm"という名前に決定しています。Debianのコードネームはトイ・ストーリーに登場するキャラクターからとられていて、Bookwormはトイ・ストーリー3に登場するキャラクターとのこと。

スポンサーリンク