Django 2.0がリリース - Python 3系のみをサポートする

S 20171203 91434

Djangoプロジェクトは12月2日、Python用のWebフレームワーク「Django」の最新版v2.0のリリースを発表しました(リリースノート)。

DjangoはRuby on Railsと比較されることも多い、高レベルなPython用Webフレームワークです。クリーンで実践的なデザインを適用し、迅速な開発をサポートしています。

Django 2.0では、公式サポートがPython 3.4、3.5、3.6限定され、Python 2.0系のサポートが打ち切られました。Django 1.11.xが、Python 2.7をサポートする最後のDjangoとなり、またDjango 2.0は、Python 3.4をサポートする最後の系列となります。Python 3.4系列を利用する場合、LTS版である1.11.xの方がサポート期間が長くなる模様です。

主な新機能としては、ルーティングシンタックスの簡略化や、モバイルフレンドリーなadminインターフェイスの導入、クエリーセットにOVER句が利用できるようになった新しいWindow式などがあげられています。

#ビフォア
url(r'^articles/(?P[0-9]{4})/$', views.year_archive),
#アフター
path('articles//', views.year_archive),

その他多数の細かな変更も行われています。詳細はリリースノート)でご確認ください。

スポンサーリンク