Dropbox、ローカルストレージを圧迫しない新技術「Project Infinite」を発表

NewImage

Dropboxは4月26日、ビジネス顧客向けのカンファレンス Dropbox Open Londonにて、ローカルストレージを圧迫せずにDropbox上のファイルにアクセスできる新技術「Project Infinite」を発表しました(Dropbox Business BloggHacks9to5MacArs Technica)。

これまでDropboxでは、クラウド上のファイルを全てローカルストレージに同期する必要がありましたが、Project Infiniteではローカルに容量ゼロのファイルのプレースホルダだけが存在し、必要に応じてファイルを同期することが可能となります。

S 2016 04 27 11 15 10

クラウド上に存在するファイルはエクスプローラーからダブルクリックや(Windowsの場合)コンテキストメニューによってダウンロード可能で、ローカルに存在するファイルとはアイコンを使って識別することができます。

Project Infiniteは現在ビジネス顧客向けに開発中ということで、正式な公開日は不明となっています。正式公開されれば容量が不足しがちなノートPCを利用するさい便利な機能になりそうです。

スポンサーリンク