Eclipse 4.7(Oxygen)がリリース - Java 9サポートやエディタの改良

Eclipse

Eclipse Foundationは28日、統合開発環境「Eclipse」の最新版「Eclipse 4.7 Oyxgen」をリリースしました(Reddit)。Eclipseはマルチプラットフォーム対応の開発環境で、Windows / Mac / Linux用のインストールパッケージを公式サイトよりダウンロードすることができます。

Eclipse 4.7では、新しい言語やコンテンツタイプへの対応が簡単な拡張性の高い、新たなジェネリックエディタの追加や、ジェネリックエディタに対するpatchやdiffファイルの読み書き機能の追加、Eclipse IDEによる画像の表示機能の追加、Ctrl+Eによるエディタの切替機能の改良など、さまざまなエディタ関連の機能の改善が行われています。ビューやダイアログ、ツールバー、テーマなどUIの改良も進められています。

Ctrle

またJava開発機能では、Javaの新バージョンである「Java 9」アプリケーションの作成に対応しています。ただしJava 9の仕様はまだ発表されていないため、現在同機能はプレビュー版として提供されています。

さらにC++11の"auto"変数に対応するなど、C++開発機能の充実しています。

S icon タイトル Eclipse
公式サイト http://www.eclipse.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2001-eclipse
説明 オープンソースの開発環境。

スポンサーリンク