Evernoteが全体の15%にあたる54人従業員をリストラ - 「デススパイラル」報道のさなか

800x500bb

TechCrunchは9月18日(現地時間)、Evernoteが全従業員の15%にあたる54人の従業員を解雇することになったと伝え注目を集めています(9to5Mac)。

同記事によるとEvernoteのCEOであるChris O’Neill氏は、スタッフを集めたミーティングの席上で、15%に相当する従業員の解雇し、今後は製品開発やエンジニアリングなど特定の分野に集中していく以外の選択肢がないと発言したとのこと。

Now, Chris O’Neill — who took over as CEO of Evernote in 2015 after running the business operations at the Google X research unit — is sharing more demoralizing news with employees. To wit, he’s firing dozens of them. At an all-hands meeting earlier today, he told gathered staffers that Evernote has no choice but to lay off 54 people — roughly 15 percent of the company’s workforce — and to focus its efforts instead around specific functions, including product development and engineering.

公式なコメントはまだ発表されていないそうですが、Evernoteは今月の初め有料会員やアクティブユーザー数が伸び悩んでいる「デススパイラル」状態にあると伝えられていました。

効率化によって経営を安定化させ、さらなる魅力的なサービスを提供できるのか注目です。

スポンサーリンク