Fedora 30正式版がリリース - Linux 5.0カーネルに対応

Fedora30 816x345

Fedora開発プロジェクトのMatthew Miller氏は4月29日(現地時間)、Fedoraの最新版「Fedora 30」をリリースしたことを発表しました(Phoronix)。

現在公式サイトからデスクトップ用のWorkstation版、サーバー用のServer版、その他多数の派生版がダウンロード可能となっています(なおコンテナ用途に特化したFedora Atomic HostはFedora CoreOSに置き換えられています)。

Fedora Workstationの大きな新機能としては、最新のビジュアルスタイルやユーザーインターフェイス、アイコン等を利用できるGNOME 3.32の採用が挙げられています。一方Fedora Serverには、Linux管理者を支援するためのAnsibleのロールとモジュールのコレクションであるLinux System Rolesが追加されています。

またパッケージ管理ツールであるDNFのパフォーマンスも改良されています。リポジトリ内のデータ圧縮にzchunkフォーマットを使用することで、以前のメタデータと現在のメタデータの差分のみがダウンロード可能となり、リソースの節約によって効率が向上したとのことです。

その他Linux 5.0カーネルや、GCC 9、Bash 5.0、PHP 7.3、Ruby 2.6、Golang 1.12、OpenJDK 12など最新のオープンソースパッケージが利用可能となっています。

Phoronixのベンチマークによると、Fedora 30のパフォーマンスは良好とのこと。来週開催されるRed Hat Summit 2019では Red Hat Enterprise Linux 8.0のお披露目が期待されています。

スポンサーリンク