FileZillaがついにマスターパスワードをサポート

FileZilla settings

FTPクライアントなど機密情報を保存する必要があるソフトウェアは、データを安全に管理するため「マスターパスワード」と呼ばれるパスワードを使用して、データを暗号化する場合があります。長年マスターパスワード機能を搭載せず、多くの要望や批判が寄せられてきたFTPクライアント「FileZilla」に今回、ついに同機能が搭載されたことが判明しました(slashdot)。

FileZillaのマスターパスワード機能はv3.26.0で公開される予定で、現在3.26.0のリリース候補に実装されているものをダウンロードして試すことができます。

マスターパスワード機能はデフォルトではオンになっておらず、利用するにはEdit > Settings > Interfaceセクションでオンにする必要があります。オンにすると情報が保存されるsitemanager.xml内のFTPパスワードが暗号化された形式で保存されることになります。

マスターパスワード機能は2007年以来多くのユーザーによって多くの要望が寄せられていた機能です。突然の実装にユーザーコミュニティは驚きをもって迎えているようです。

S icon タイトル FileZilla Client
公式サイト https://filezilla-project.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/652-filezilla-client
説明 SFTPを用いて安全にファイル転送を行うことができるソフト。

スポンサーリンク