【Tips】macOSインストーラーファイルの正確なバージョンを取得する方法

Header

Appleは近年、macOSをMac App Storeで無料で公開しています。

いつでもダウンロード可能ですが、
OSをインストールするためのインストーラーファイルは「OS X El Capitan インストール.app」や「macOS Sierraインストール.app」という名前で提供されているため、ファイル名からはマイナーバージョンを含めた正確なOSのバージョンを知ることはできません。

今回はインストーラーファイルから、10.12.6のような正確なバージョン番号を取得する方法を説明します。

GUIを利用する方法

今回説明する方法はOS X Dailyの方法を参考にさせていただきました。要するにインストーラーファイル内に含まれているplistファイルの情報を参照すれば良いようです。

例えばmacOS Sierraの場合以下のようなパスとなります。

/Applications/Install macOS Sierra.app/Contents/SharedSupport/InstallInfo.plist

macOS Sierra以外の場合や、インストーラーがアプリケーションフォルダ以外にある場合、その部分を置き換えて下さい。

P1

▲Finderを起動し「移動 > フォルダへ移動」で上記のパスを貼り付けます。

P2

▲InstallInfo.plistを開きます。

P3

▲10.12.5であることがわかりました。

コマンドラインを利用する方法

コマンドラインからplistファイルの内容を閲覧、編集することができるPlistBuddyを利用することも可能です。

ターミナルを開き以下のようにコマンドを実行します。

/usr/libexec/PlistBuddy -c 'Print :System\ Image\ Info:version' '/Applications/Install macOS Sierra.app/Contents/SharedSupport/InstallInfo.plist'
P4

▲10.12.5と表示されていることがわかります。

まとめ

macOSのインストーラーファイルが古いと、再インストールした後にアップデートを適用する必要がありめんどうです。古いバージョンではなく、最新版をダウンロードしておくのがおすすめです。

なおmacOSの過去のインストーラーをダウンロードする方法は以下をどうぞ。

Appleは近年、同社のMac用オペレーティングシステム「macOS(以前はOS X)」をMac App Storeで無料で提供しています。 通常のストア検索からは、

スポンサーリンク