「Firefox 18.0」リリース

高速リリースサイクル採用によりどんどんバージョンアップしているFirefoxの最新版「Firefox 18.0」がリリースされています。
firefox_small

リリースノートによるとこのバージョンでの変更点は以下の通り。

  • 新機能IonMonkey コンパイラによって JavaScript が更に高速化されます。
  • 新機能Mac OS X 10.7 以降で Retina ディスプレイをサポートします。
  • 新機能WebRTC の初期的サポート。
  • 変更HTML の拡大アルゴリズムを改良し、画像の表示品質を向上しました。
  • 変更タブ切り替え時のパフォーマンスを改善しました。
  • 開発者新しい DOM プロパティ window.devicePixelRatio をサポートしました。
  • 開発者署名付拡張機能の証明書の扱いを改善し、起動時間を短縮しました
  • HTML5W3C の Touch イベントを実装しました。従来の MozTouch イベントは廃止されます。
  • 修正HTTPS ページで安全でないコンテンツの読み込みを無効化しました。(Bug 62178)
  • 修正プロキシを利用しているユーザ環境での応答性を向上しました。(Bug 769764)

最近Chromeが原因不明の不調に陥っているのでFirefoxに戻してみようかなとちょっと思っています。

スポンサーリンク