「Firefox 34」リリース - Videoチャット機能追加・デフォルトサーチエンジンの変更など

2014 12 02 10 06

Mozillaプロジェクトは本日、Firefoxブラウザの最新版「Firefox 34.0」をリリースしました(リリースノート日本語版リリースノートGIGAZINE)。

リリースノートによると、Firefox 34の新機能として以下の新機能がリストアップされています。

  • リアルタイムコミュニケーションクライアントである Firefox Hello が搭載されました。
  • カスタマイズモードでテーマを変更できるようになりました。
  • Mac OS X Leopard (10.6) 以降で H264 (MP4) がサポートされました。
  • Wikipedia を HTTPS 経由で安全に検索できるようになりました。
  • 「Firefox をデフォルトのブラウザに設定する」の提示方法が変更されました。
  • HTTP/2(draft14) と ALPN が実装されました。
  • Windows: 「Firefox は起動していますが応答しません」と表示するダイアログでロックされた Firefox を復帰させられるようになりました。

その他HTML5関連や、開発者向けの修正も行われています。詳細はリリースノートを確認してください(日本語版リリースノートでは指摘されていませんが、国によってはデフォルトのサーチエンジンがGoogle以外に変更されるという修正も行われている様子)。

Firefox Hello?

NewImage

今回のリリースの目玉機能はWeb上のリアルタイム通信を可能にする技術WebRTCを活用した、ビデオチャットシステム「Firefox Hello(↑)」のようです。

貼り付けた画像 2014 12 02 10 27

「設定 > カスタマイズ」からHelloアイコンを追加することで利用可能になるはずですが、なぜかHelloアイコンがありませんでした(テーマの変更は利用可能でしたが…)。

マイナビニュースによると「ただし1日時点ではFirefox 34にアップデートしても、まだアクセスできないユーザーが多い。」ということなので順次利用可能になっていくのかもしれません。

スポンサーリンク