「Firefox 41」がリリース - 小規模な変数が多数行われる

S 2015 09 23 10 11 51

Mozillaプロジェクトは9月22日(現地時間)、Firefoxブラウザの最新版「Firefox 41」をリリースしました(英語版リリースノート日本語ベータ版リリースノートPhoronix)。現在公式サイトのダウンロードリンクより、最新のFirefox 41.0をダウンロードすることができます。またはソフトウェアアップデート機能を使って自動更新することも可能です。

リリースノートによると、Firefox 41の新機能として取り上げられている新機能は以下の通りです。

  • TSF (Text Services Framework) を使用した拡張IMEサポートがWindows(Vista+)で有効に
  • Firefoxアカウントにプロファイルピクチャーを設定する機能の追加
  • Firefox Heloにインスタントメッセージ機能の追加
  • SVGイメージがfaviconとして利用可能に
  • box-shadowレンダリングのパフォーマンス改良

その他WebRTCのセキュリティ強化や、画像のデコードプロセスの改良の変更、さらにはHTML5や開発ツールに関する修正など多数の変更が行われています。

なおベータ版リリースノートで変更点としてリストアップされている「Mozilla によって署名されていないタイプ2 のアドオン(拡張)は、標準で無効となります」という変更は、正式版リリースノートには含まれておらず、「アドオン署名の締め切りを延長します」によるとFirefox 43まで延期となった模様。

スポンサーリンク