「Firefox 48」がリリース - ダウンロード保護機能の改良、マルチプロセスウィンドウ機能もロールアウト開始

S 2016 08 03 10 54 44

Mozillaプロジェクトは8月2日((現地時間)、Firefoxブラウザの最新版「Firefox 48」をリリースしました(日本語版リリースノートGIGAZINEITmedia)。現在公式サイトよりWindows / Mac / Linuxに対応したインストーラーをダウンロードすることができます。あるいはFirefoxを使用中の場合は、Firefox組み込みのソフトウェアアップデート機能を使って最新版に更新することも可能です。

Firefox 47の新機能としては以下の項目がリストアップされています。

  • ダウンロード保護機能が改良され、不要な危険ソフトウェアや、望ましくないソフトウェアに対して警告が表示されるようになりました
  • プロセス分離 (e10) が行われました。なおこの機能は一部のユーザにのみ提供されます。フィードバックを得つつ、利用可能ユーザを順次拡大してゆきます
  • Mozilla によって検証・署名されていないアドオンはロードされなくなります
  • GNU/Linux:Skia への対応により Canvas の描画性能が向上しました。最大で 3 倍程度高速になります
  • WebRTC にいくつか改良がおこなわれました
  • URL バーで検索した場合、ブックマークされているページや、すでに開いているページはアイコン表示されるようになりました
  • Windows:Tab(ボタンの移動)と Shift+F10(メニューの表示)を、カスタマイズ画面で Tab と Shift + F10 が利用できるようになりました
  • Rust で書き直されたメディアパーサが組み込まれました

また変更点としてOS X 10.6, 10.7, 10.8のサポートが終了となった事も挙げられており、今後は10.9(OS X Mavericks)以降の使用が推奨されています。

マルチプロセスウィンドウ機能って?

Firefox 48最大の変更点はマルチプロセスウィンドウの導入が始まったことです。プロセス分離はChromeで同じみの方法で、例えば一つのタブがクラッシュしてもブラウザ全体に影響を与えず、安定性の向上が期待できます。

S 2016 08 03 11 05 29

マルチプロセスウィンドウ機能は今後数週間にわたり順次公開されていく予定。アドレスバーに「about:support」と入力し「マルチプロセスウィンドウ」が有効になっているかどうかで確認することができます。

スポンサーリンク