Firefox 49がリリース - Firefox Helloが廃止

S 20160920 232824

Mozillaプロジェクトは本日、Firefoxブラウザの最新版「Firefox 49」をリリースしました(英語ベータ版リリースノート日本語ベータ版リリースノートgHacksPhoronix)。最新版へはFirefoxのソフトウェア更新機能を利用するか、Windows版Mac版Linux版のセットアップファイルを直接ダウンロードして更新することが可能です。

最新版ではコミュニケーションツール「Firefox Hello」が廃止されたほか、Mac版ではOS X 10.6、10.7、10.8 のサポートが終了することが明らかにされています。

新機能の一覧は以下の通りです。

  • リーダービューがさらに読みやすくなりました
  • ハードウェアアクセラレーションのない OS X での性能が向上しました
  • Firefox Hello が廃止されます
  • OS X での文字のアンチエイリアス表示が改善されました
  • Graphite2 が標準で有効になりました
  • ハードウェアアクセラレーションがないシステムでも SSSE3 命令セットがサポートされていれば、動画のパフォーマンスが向上します
  • OS X:新規にインストールした場合、管理者権限を持つ場合にのみ Firefox 更新できるようになりました
  • リーダービューでの幅と、行の高さを調整しました
  • 保存された HTTP でのログイン情報が、HTTPS でアクセスした場合でも提示されるようになりました
  • HTML5 の音声と動画に関する改善が行われました

Firefox Helloは9月20日を持って廃止され、Firefoxバージョン45から48でも無効化されるとのこと。自動的に実施されるため追加の手順は必要ありません。

開発者向けの変更点はdeveloper.mozilla.orgで公開されている、Changes for Web developersで確認することができます。

S icon タイトル Mozilla Firefox
公式サイト http://mozilla.jp/firefox/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2218-mozilla-firefox
説明 MozillaプロジェクトによるWebブラウザ。

スポンサーリンク