Firefox 60がリリース

S 20180510 104935

Mozillaプロジェクトは5月9日(現地時間)、Firefoxブラウザの最新版「Firefox 60」をリリースしました(英語版リリースノートPhoronix)。最新版へはFirefoxのソフトウェア更新機能を利用するか、Windows版Mac版Linux版のセットアップファイルを直接ダウンロードしてインストール・アップデートすることができます。

Firefox 60では新しいタブやFirefoxホームをカスタマイズする機能が追加されたほか、YubiKeyのようなUSBトークンを利用する新しいWeb認証APIのサポート、企業ユーザーのためのポリシーエンジンやグループエンジンのサポートが追加されています。

主な新機能は以下の通り:

  • Windows Group PolicyまたはJSONファイルを利用してForefoxを企業環境で配備できるポリシーエンジンの追加
  • 新しいタブ/Firefoxホームの拡張
  • Cookieとサイトストレージセクションの再設計
  • Quantum CSSの適用
  • USBトークンを使用するWeb認証APIサポートの追加
  • 強化されたカメラプライバシーインジケーター
  • Linux版でブラウザの上部のバーにページのタイトルを表示・非表示できる機能の追加
  • WebRTCオーディオパフォーマンスの改善
  • TLS 1.3のサポート
  • Occitan (oc)ロケールの追加

その他細かな変更や、セキュリティ修正や、開発者向け機能の更新も行われています。詳細はリンクを辿りご確認ください。

S icon タイトル Mozilla Firefox
公式サイト http://mozilla.jp/firefox/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2218-mozilla-firefox
説明 MozillaプロジェクトによるWebブラウザ。

スポンサーリンク