Firefox 61がリリース - パフォーマンスの改良が進む

S 20180627 112341

Mozillaプロジェクトは6月26日(現地時間)、Firefoxブラウザの最新版「Firefox 61」をリリースしました(英語版リリースノートPhoronix)。最新版へはFirefoxのソフトウェア更新機能を利用するか、Windows版Mac版Linux版のセットアップファイルを直接ダウンロードしてインストール・アップデートすることができます。

Firefox 61は、Firefox Quantumをベースとした最新ビルドで、Webブラウジングのパフォーマンスの改良や、アクセシビリティ機能の強化など、さまざまな新機能が追加されています。

主な新機能は以下の通り:

  • パフォーマンスの改良: Quantum CSSの改良によるページレンダリングの高速化や、Windows/Linux版におけるタブ切り替えの高速化、macOS版のWebExtensionの独立プロセスによる実行。
  • より多くのサーチエンジンへの簡単アクセス。
  • macOSではリンクの共有がより簡単に: アドレスバーのページアクションを使用。
  • TLS 1.3のサポートや、httpsページ中のFTPサブリソースブロックによるセキュリティの強化。
  • より一貫したユーザー体験: ダークモードの改良。
  • タブ管理のカスタマイズ機能の拡充: WebExtensionでタブを非表示にできるように。
  • ブックマーク動機の改良。

その他細かな変更や、セキュリティ修正や、開発者向け機能の更新も行われています。詳細はリンクを辿りご確認ください。

S icon タイトル Mozilla Firefox
公式サイト http://mozilla.jp/firefox/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2218-mozilla-firefox
説明 MozillaプロジェクトによるWebブラウザ。

スポンサーリンク