Firefox 64がリリース - ライブブックマークが削除される

S 20181212 110125

Mozillaプロジェクトは12月11日(現地時間)、Firefoxブラウザの最新版「Firefox 64」をリリースしました(英語版リリースノートgHacks)。最新版へはFirefoxのソフトウェア更新機能を利用するか、Windows版Mac版Linux版のセットアップファイルを直接ダウンロードしてインストール・アップデートすることができます。

Firefox 64は、Firefox QuantumをベースとしたFirefoxの最新ビルドで、タブ管理機能の改良やパフォーマンスの改良などの新機能が追加されているほか、以前から告知されていたようにRSSフィードプレビュー機能やライブブックマーク機能といったRSS関連機能が削除されています。

新機能は以下の通りです。

  • レコメンデーションの改良: ブラウザの使用状況に基づいてFirefoxの機能やサービス拡張機能などに関する提案が表示されるようになった(米国のユーザーのみ)。
  • タブ管理機能の改良: 複数のタブを選択して、閉じる、移動、ブックマーク、ピン留めといった操作が可能に。
  • パフォーマンス管理機能の改良: about:performanceで表示される新しいTask Managerページでは、タブごとの消費エネルギーを確認できるように。
  • MacとLinux版のパフォーマンス改良: Clang LTOが有効になったことによる。
  • Windowsでシームレスな共有: ネイティブな共有体験を使用しWebページを共有可能に。
  • ツールバーボタンのコンテキストメニューに拡張を削除できるオプションを追加。
  • エンタープライズユーザー向けの新機能: macOSでポリシーエンジンを更新し、コンフィグレーションプロファイルを使用してエンタープライズデプロイメント用にFirefoxをカスタマイズできるようになった。

RSS関連機能が削除された理由はメンテナンスコストの割に使用しているユーザーが少ないためで、Mozillaはアドオンやその他の代替手段を案内しています。

またシマンテックが発行していた信頼性の低い証明書が無効化される処置も行われていて、サーバー管理者に対してはできるだけすみやかにシマンテックのTLS証明書を置き換えることが推奨されています。

その他細かな変更や、セキュリティ修正開発者向け機能の更新も行われています。詳細はリンクを辿りご確認ください。

S icon タイトル Mozilla Firefox
公式サイト http://mozilla.jp/firefox/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2218-mozilla-firefox
説明 MozillaプロジェクトによるWebブラウザ。

スポンサーリンク