Firefox 69がリリース - Enhanced Tracking Protection がロールアウト

S 20190904 71651

Mozillaは9月3日(現地時間)、Firefoxブラウザの最新版「Firefox 69」をリリースしました(英語版リリースノートgHacks)。最新版へはFirefoxのソフトウェア更新機能を利用するか、Windows版Mac版Linux版のセットアップファイルを直接ダウンロードしてアップデートすることができます。

Firefox 69では、より強力なプライバシー保護を提供する「Enhanced Tracking Protection (ETP)」が導入されています。デフォルトの標準設定では、サードパーティのトラッキングCookieと暗号通貨マイナーがブロックされ、オプションのstrict設定を有効にすると、標準設定のアイテムに加えフィンガープリンティングがブロックされます。

またメディアの自動再生をブロックする機能の追加やWindows 10 May 2019 Update以降の環境でWindows Helloを介したWeb Authentication HmacSecre拡張のサポートも行われています。

パフォーマンスに関する改良も行われていて、Windows 10環境ではヒント情報を適切に提供することによるパフォーマンスの改善が、macOS環境ではデュアルグラフィックスカードマシンで積極的に低電力のGPUに切り替えることによるバッテリーの持続時間の向上が行われています。

その他細かな変更やセキュリティ修正開発者向け機能の更新も行われています。詳細はリンクを辿りご確認ください。

S icon タイトル Mozilla Firefox
公式サイト http://mozilla.jp/firefox/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2218-mozilla-firefox
説明 MozillaプロジェクトによるWebブラウザ。

スポンサーリンク