Firefox 78がリリース - macOS 10.9/10.10/10.11をサポートする最後のバージョン

S 20200701 201839

Mozillaは6月30日(現地時間)、Firefoxブラウザの最新版「Firefox 78」をリリースしました(英語版リリースノート)。最新版はFirefoxのソフトウェア更新機能を利用するか、Windows版Mac版Linux版のセットアップファイルを利用してインストールすることができます。

Firefox 78はmacOS 10.9、10.10、10.11をサポートする最後のバージョンとなっています。これらOSを使用し続ける場合、長期サポート版のFirefox ESR 78に自動的に更新され、今後のサポートを受けることが可能です。

Firefox 78の新機能としてはまず、プライバシー保護ダッシュボードの強化があげられます。ダッシュボードから解決した違反の数を追跡する事が可能となったほか、保存したパスワードがデータ侵害で公開されていないかどうかを確認することができるようになっています。

Firefoxの再インストールで問題を解決しようとするユーザーに対応するため、アンインストーラに「更新」ボタンが追加されました。スクリーンセーバーによってFirefoxのWebRTCが中断されることがなくなり、Firefoxの電話会議とビデオ通話が改善されています。

Windows版ではIntel GPUを搭載したデバイスでWebRenderのロールアウトがはじまり、英国のすべてのユーザーにたいしてPocketのおすすめ記事が表示されるようになっています。

またFirefox 78は拡張サポートリリース(ESR)のベースとなり、過去10回のリリースで追加された以下の機能がESR版で利用可能となります。

  • キオスクモード
  • クライアント証明書
  • Service WorkerとPush APIが有効に
  • 自動再生のブロック機能の有効化
  • ピクチャーインピクチャーのサポート
  • about:certificateでWeb証明書の表示と管理

これ以外にも細かな変更やセキュリティ修正開発者向け機能の更新が行われています。詳細はリンクを辿りご確認ください。

S icon タイトル Mozilla Firefox
公式サイト http://mozilla.jp/firefox/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2218-mozilla-firefox
説明 MozillaプロジェクトによるWebブラウザ。

スポンサーリンク