Firefox 80がリリース - デフォルトのPDFビューアーとして設定可能に

S 20200826 202148

Mozillaは8月25日(現地時間)、Firefoxブラウザの最新版「Firefox 80」をリリースしました(英語版リリースノート窓の杜)。最新版はFirefoxのソフトウェア更新機能を利用するか、Windows版Mac版Linux版のセットアップファイルを利用してインストールすることができます。

Firefox 80の新機能としてはまず、システムのデフォルトのPDFビューアーとしてFirefoxを設定可能になったことがあげられています。またスクリーンリーダー機能が改良されされ、ツリーコントロールの適切なレベルのコンテンツを提供できるようになっています。

さらに片頭痛やてんかんの症状を持つユーザーを配慮し、タブローディングなどのアニメーションを減らす変更が行われ、新たなアドオンブロックリストの追加によって、パフォーマンスとスケーラビリティが向上しています。

なお本日同時に公開されたFirefox 68 ESR (68.12)は重大なセキュリティ上の問題が発見されない限り、Firefox 68 ESRの最終版となり、既存ユーザーは2020年9月22日にFirefox ESR 78.3がリリースされた後、自動でアップグレードされるとのことです。

これ以外にも細かな変更やセキュリティ修正開発者向け機能の更新が行われています。詳細はリンクを辿りご確認ください。

S icon タイトル Mozilla Firefox
公式サイト http://mozilla.jp/firefox/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2218-mozilla-firefox
説明 MozillaプロジェクトによるWebブラウザ。

スポンサーリンク