Apple、FoundationDBをオープンソース化

S 20180420 94403

Appleは4月19日、分散型データベース「FoundationDB」のコア部分をオープンソースプロジェクトとして公開することを発表しました(公式ブログMacRumors)。

FoundationDBは2015年にAppleによって買収されたデータベース企業で、同社の開発するFoundationDBは、汎用的なハードウェアクラスタ上に展開できる分散型データストアとして実装されています。

今回のオープンソース化によってFoundationDBは、次世代の分散データベースの基盤となることを目指しています。FoundationDBはシンプルなコア部分と、それを拡張するレイヤー部分から成り立ち、公開されたコア部分はキーバリューストアの基本的な機能を提供しています。オープンソース化によって、FoundationDBレイヤーの量と多様性が拡大し、開発が加速してくことが期待されています。

FoundationDBのソースコードはGitHubから入手可能で、開発に参加したい場合FoundationDBのコミュニティフォーラムに参加することが可能です。

スポンサーリンク