FreeNAS 9.10がリリース - FreeBSD 10.3ベースとなり高速化、USB 3.0サポートが追加

S 2016 03 28 1 19 43

FreeNAS開発プロジェクトは3月23日(現地時間)、オープンソースのNAS構築ソフトウェア「FreeNAS」の最新版v9.10をリリースしました。FreeNAS 9.10では高速化に加えUSB 3.0をはじめとした新しいハードウェアのサポートを含むさまざまな改良が行われています(Hacker News)。

FreeNAS 9.10はFreeBSD 10.3をベースとし、新しいFreeBSDの機能の上にさらなる改良と不具合の修正を重ねた新バージョンです。速度やスケーラビリティの改善のほか、Intel Skylake CPUやI219-V/I219-LMギガビットイーサネットコントローラー等の新しいハードウェア、USB 3.0をサポートし、bhyve hypervisorも利用可能となっています。

FreeBSDのbhyve hypervisorによりFreeNAS上でGNU/LinuxやSmartOSといった他のOSをホストする道が開かれています。

変更点の詳細はリリースノートで確認することができます。

FreeNAS http://www.freenas.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7215-free-nas

スポンサーリンク