Geekbench 5.1がリリース - AES-XTS、機械学習ワークロードの改良など

S 20200103 94447

クロスプラットフォームのベンチマークソフト「Geekbench」の最新版v5.1が昨年12月23日にリリースされています(公式ブログ9to5Mac)。

v5.1ではCPUベンチーマークに関連するAES-XTSや機械学習ワークロードの改良や、Computeベンチーマークに関連するMetalワークロードのGPUバッファ選択の改良など、以下のようなさまざまな修正が行われています。

CPU Benchmark Changes

  • Build Geekbench 5 for Android with Android NDK r21.
  • Build Geekbench 5 for Linux, Windows with Clang 9.0.
  • Build Geekbench 5 for iOS, macOS with Xcode 11.2.
  • Improve AES-XTS workload performance on processors with AVX512 support.
  • Improve Machine Learning workload performance on processors with AVX support.
  • Improve Image Inpainting workload performance on Linux.

Compute Benchmark Changes

  • Improve Depth of Field workload performance on Vulkan.
  • Improve Horizon Detection workload performance on Vulkan.
  • Improve GPU buffer selection for Metal workloads on iOS, macOS.
  • Improve buffer management in Metal workloads on iOS, macOS.
  • Consolidate command buffers in Vulkan workloads, improving performance.
  • Disable bounds checking in Vulkan buffers, improving performance.

なおGeekbench 5.1は新しいコンパイラで構築されていて、CPUとComputeベンチマークの両方に対する変更が含まれています。 このためGeekbench 5.1スコアはGeekbench 5.0スコアよりも高くなる傾向があり、直接結果を比較しないことが推奨されています。

スポンサーリンク