ゲーム・オブ・スローンズ作者ジョージ・R・R・マーティン氏とフロム・ソフトウェアの新作ゲーム「Elden Ring」が発表

Game

昨日お伝えした噂の通り、ゲーム・オブ・スローンズの作者ジョージ・R・R・マーティン氏と、日本のゲーム制作会社フロム・ソフトウェアが協力し、「Elden Ring」と呼ばれる新作ゲームを開発していることが、日曜に開催されたMicrosoftのE3 2019基調講演で確認されました(The Verge)。

MicrosoftのE3プレスカンファレンスで公開されたティザートレーラーは、実際のゲームの映像はあまり含まれていませんが、ダークファンタジー風の魅力的な表現が確認できます。

フロム・ソフトウェアは「ダークソウル」シリーズや「ブラッドボーン」、「SEKIRO」などの人気ゲームを開発した事で知られています。一方ジョージ・R・R・マーティン氏は、海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」の原作小説「氷と炎の歌」作者で、今回のゲームは、同氏がゲーム・オブ・スローンズ以外に関与する初めてのビデオゲームとなる模様です。

Elden Ringの販売はバンダイナムコで、Xbox OneとPCが発売予定となっています。

スポンサーリンク