GIMP 2.10.0がリリース - 多数の新機能が追加された6年ぶりの最新安定版

S 20180428 95415

GIMP開発プロジェクトは4月27日、GIMPの最新版「GIMP 2.10.0」を公開したことを発表しました(Phoronix)。現在公式サイトよりLinux版およびソースコードをダウンロードすることができます(記事執筆時macOS版、Windows版の実行ファイルはまだダウンロードできませんでした)。

GIMP 2.8が公開されたのが2012年の5月3日で、GIMP 2.10はそれ以来となる約6年ぶりの最新安定版ということになります。

GIMP 2.10の主要な新機能は以下の通り:

  • 画像処理のほぼ完全なGEGLへの移植
  • カラー管理がコア機能に
  • 多数のツールの改良
  • GEGLに移植された全てのフィルタのオンキャンバスプレビュー
  • キャンバスの回転、反転、対照ペイント、MyPaintブラシサポートなどによるデジタルペインティングの改良
  • 新しい画像フォーマットのサポート(OpenEXR, RGBE, WebP, HGT)や、既存フォーマットのサポートの改良
  • Exif、XMP、IPTC、DICOMのメタデータ表示と編集
  • 基礎的なHiDPIサポート
  • 新テーマの追加

新機能の詳細はスクリーンショットつきでリリースノートに掲載されています。

Pc タイトル GIMP for Windows
公式サイト http://www.gimp.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2399-gimp-for-windows
説明 UNIXで有名なGIMPのWindows版。

スポンサーリンク