GIMP 2.10.12がリリース - 描画の高速化やユーザーインストールフォントのサポートなど

S 20190614 93448

GIMP開発プロジェクトは6月12日(現地時間)、グラフィックアプリGIMPの最新版「GIMP 2.10.12」をリリースしたことを発表しました(gHacks)。安定版として不具合の修正が行われているとともに、いくつかの新機能が追加されています。

具体的にはカーブツールの改良や、TIFFエクスポート機能のレイヤーのサポート、Windows環境におけるユーザーインストールフォントのサポート、描画速度の高速化、シンメトリーペインティングの改良、 Dodge/Burnツールに対するインクリメンタルモードの追加、自由選択ツールの改良、新しいオフセットツールの追加などが行われています。

  • Improved Curves tool
  • Layers support for TIFF exporting
  • Support for user-installed fonts on Windows
  • Faster painting
  • Improved symmetry painting support
  • Incremental mode in the Dodge/Burn tool
  • Free Select tool now creates a preliminary selection
  • New Offset tool

描画の高速化はペイントカラー/ピックスマップが変更されていない場合に、全ての描点のペイントバッファを置き換えないように処理を変更することで達成されたものです。またGIMPで使用されているGEGLライブラリの改善も行われています。

メジャーバージョンアップ版となるGIMP 3の開発も順調に続けられているそうで、プロジェクトは開発者に対する寄付を募っています

Pc タイトル GIMP for Windows
公式サイト http://www.gimp.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/2399-gimp-for-windows
説明 UNIXで有名なGIMPのWindows版。

スポンサーリンク