Git 2.18がリリース - 新世代のワイヤプロトコルのサポート

S 20180622 102131

Git開発チームの濱野純氏は6月21日(現地時間)、分散型バージョン管理ツール「Git」の最新版v2.18.0のリリースをアナウンスしました(Phoronix)。現在最新版のソースコードを公式サイトからダウンロードすることができます。

Git 2.18では、これまでよりも優れたパフォーマンスで動作する新たな接続プロトコル"protocol_v2"のサポートが行われています。新プロトコルはGoogleのGitチームによって開発されたもので、参照のサーバーサイドのフィルタリングが可能になるほか、拡張性の高さや、httpを取り扱うクライアントの処理の簡略化が可能になる点なども特徴となっています。

protocol_v2を試す場合、今回公開されたGit 2.18と、v2が有効になったサーバーが必要とのことです(googlesource.comやCloud Source Repositoriesなど)。

Git 2.18では、その他パフォーマンスの改良や、さまざま改善、不具合の修正なども行われています。

変更の詳細はアナウンスに含まれるリリースノートで確認可能です。

S icon タイトル Git
公式サイト https://git-scm.com/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6977-git
説明 Linuxの開発者Linus Torvaldsによって開発された分散型のバージョン管理ツール。

スポンサーリンク