Git 2.26がリリース - トランスポートプロトコルV2がデフォルトに

S 20200323 194744

Git開発チームの濱野純氏は3月22日(現地時間)、分散型バージョン管理ツール「Git」の最新版「Git v2.26.0」をリリースしたことを発表しました(Phoronix)。

Git v2.26.0はv2.25.0以来、12人の新人を含む65人の貢献者によって作成された、504件の非マージコミットで構成されるリリースとなっています。

v2.26の主な新機能は以下の通りです。

  • トランスポートプロトコルVersion 2がデフォルトに
  • 最終的にオブジェクト名がSHA-256ハッシュを使用する場合に備えた準備作業の継続
  • さまざまなサブコマンドのBash/CLI自動補完の改善
  • 前のバージョンの競合状態を回避するためのfsmonitor-watchmanフックの改善
  • CLIカラーリングで、7色に明るい色のバリエーションオプションが追加された
  • スレッド化されたgrepの使用に関するGitの以前の制限の解除
  • Gitリベースは、デフォルトでマージバックエンドを使用するように
  • git name-rev機能のメモリフットプリントの削減とパフォーマンスの向上
  • その他さまざまなパフォーマンスの改良や不具合の修正

新機能の詳細はアナウンスに含まれるリリースノートで確認することができます。

S icon タイトル Git
公式サイト https://git-scm.com/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6977-git
説明 Linuxの開発者Linus Torvaldsによって開発された分散型のバージョン管理ツール。

スポンサーリンク