Git 2.29がリリース - SHA-256の使用を試験的にサポート

S 20201020 111257

Git開発チームの濱野純氏は10月19日(現地時間)、分散型バージョン管理ツール「Git」の最新版「Git v2.29.0」をリリースしたことを発表しました(Phoronix)。

Git v2.29.0はv2.28.0以来、24人の新人を含む98人の貢献者によって作成された、627件の非マージコミットで構成されたリリースとなっています。

Git 2.29では、SHA-256の使用を実験的にサポートし、現在のインデックスで使われているSHA-1の衝突攻撃に備えて、コードリポジトリのセキュリティを改善するための変更が行われています。過去数回のリリースでも、ハッシュ関数に関する作業は行われていて、最終的にSHA-1ハッシュをSHA-256ハッシュに移行するための準備が進められていることが分かります。

「git init」コマンドで「--object-format=sha256」オプションを指定すると、SHA-256 を使って Gitリポジトリを作成することが可能です。今のところ既存のリポジトリをSHA-1からSHA-256 にアップグレードする方法はありません。SHA-256のオブジェクトフォーマットを使用すると、パックチェックサム、インデックスチェックサム、オブジェクトIDなどが、デフォルトフォーマットのSHA-1ではなく、SHA-256を使用して生成されることになります。

その他にもGit Transport Protocol v2 を再びデフォルトにするなど多数の変更が行われています。

新機能の詳細はアナウンスに含まれるリリースノートで確認することができます。

S icon タイトル Git
公式サイト https://git-scm.com/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6977-git
説明 Linuxの開発者Linus Torvaldsによって開発された分散型のバージョン管理ツール。

スポンサーリンク