AceEditorでリポジトリ上のファイルが直接編集可能になった「GitBucket 1.13」リリース

Gitbucket 1

オープンソースのGitHubクローン「GitBucket」の最新版 1.13がリリースされました(アナウンス)。

バージョン1.13では、AceEditorを使ってブラウザ上でファイルが直接編集可能になる、Issueへのファイル添付が可能になる、アクティビティのatomフィードが追加される、などの新機能の追加や、不具合の修正が行われています。

ということで個人的なプロジェクトで使っている、GitBucket 1.12を1.13に早速アップグレードしてみました。

アップグレードってどうやるんだっけ?

Tomcatに普通にwarをデプロイする手順でアップグレードできました。

launchctl unload -w /Library/LaunchDaemons/org.apache.tomcat.plist
/bin/rm -rf /opt/home/tomcat/webapps/gitbucket*
cp gitbucket.war /opt/home/tomcat/webapps
launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.apache.tomcat.plist

ざっくりいうと、Tomcatを止めて、webappsの下のgitbucketディレクトリと、gitbucket.warを削除して、Tomcatを起動する。といった手順です(on Mavericks)。

インストールも簡単ですが、アップグレードも凄く簡単でありがたいです。次のリリースは5月末ということなのでさらに期待ですね。

スポンサーリンク