git専用シェル「gitsh」で作業効率大改善!?

Gitsh

bash / tcsh / zsh などUnixにはいろいろなシェルが存在しますが、「gitsh」はちょっとスゴイ。これはなんとgit操作を簡略化するためのgit専用シェルなんですね。

雰囲気は「Announcing gitsh」を読めば分かりやすいと思います。

$ git status
$ git add -p
$ git commit
$ git push

通常だとこのように毎回頭にgitをつけないといけないgitコマンドの操作ですが…

$ gitsh
gitsh@ status
gitsh@ add -p
gitsh@ commit
gitsh@ push
gitsh@ :exit
$

gitshを使えば省略できます!!

インストール

brew tap thoughtbot/formulae
brew install gitsh

Mac OS Xかつhomebrewユーザーならばコマンド2発でインストール可能。

Gitsh
空ディレクトリでgitshを起動してみました。git管理外のフォルダだと「uninitialized」と表示されます。init / add / commitなど、簡単に実行できます。

当然ですが(?)「ls」などの一般コマンドは呼び出せません。

まとめ: git操作用に便利か

ログインシェルをgitshに変更するとかは無理なので、gitを激しく操作するときに、専用ウィンドウを開いてgitshを立ち上げて使えば便利かもしれません(タブとかtmuxとか)。gitヘビーユーザーにオススメします。

スポンサーリンク