GNU Gzip 1.7がリリース - rsync向けオプションが追加される

S 2016 03 29 11 27 35

GNU Gzipを開発するJim Meyering氏は3月28日、GNU Gzipの最新版v1.7のリリースをアナウンスしました(Phoronix)。GNU GzipはUNIX系OSで使用できるポピュラーな圧縮解凍ソフトウェア。現在GNU公式ftpサイトあるいは各地に存在するミラーサイトからソースコードをダウンロードすることができます。

バージョン1.7の新機能として、fsyncを使用を強制することで出力時の安全性を高める(そのかわりパフォーマンスが少し犠牲になる) --synchronous オプションの追加と、rsync向けにgzipファイル中の変更を最小にとどめることができる --rsyncable オプションの追加があげられています。

S 2016 03 29 11 28 33

さらにGZIP環境変数のobsolete扱いへの変更や、さまざまな不具合の修正も行われています。詳細はアナウンスに含まれる新機能リストをご確認ください。

スポンサーリンク