「Go 1.5」正式版がリリース - コンパイラツールチェインがGoで書き直される

Go

8月19日(現地時間)、オープンソースのプログラミング言語「Go」の最新版「Go 1.5」がリリースされました(公式ブログPhoronixReddit)。

Go 1.5はGo言語の6番目の安定版リリース。実装上の重要な変更が含まれており、コンパイラツールチェインのC言語からGo言語への変更や、停止時間を激減させるガベージコレクタの刷新、スケジューラーの改良、リンカーの改良などが行われています。

また新たにサポートされたOSとしてdarwin/arm・darwin/arm64(iPhoneやiPadデバイス)やlinux/arm64が追加されたほか、ppc64・ppc64le(IBM 64bit PowerPC)の試験的なサポートも追加されています。

さらに標準ライブラリに対する新機能の追加や改良も多数行われている様子。詳細はリリースノートを確認してください。

スポンサーリンク