「Go 1.6」正式版がリリース - HTTP/2をデフォルトでサポートする

Go

Goプロジェクトは2月17日、プログラミング言語Goの最新安定版「Go 1.6」をリリースしました(公式ブログリリースノートHacker News)。Windows / OS X / Linuxに対応した最新版の実行ファイルを公式サイトよりダウンロードすることができます。

Go 1.6はGoプロジェクトからリリースされる7番目の安定版で、Go 1.5以来6ヶ月ぶりのリリースとなります。

Go 1.6の最も大きな変更としてnet/httpパッケージでHTTP/2がサポートされたことが取り上げられています。HTTP/2はクライアント、サーバーサイド双方でデフォルト有効化されており、Goプロジェクトに広範囲な利便性をもたらすことが期待されています。

またtemplateパッケージの改良や、Go 1.5で試験的に導入されていた"vendor"ディレクトリのデフォルト有効化も行われています。

runtimeではgoroutineが同時にmapのデータを読み書きした際の誤使用を防止するための機能が導入され、プログラム終了時に一つのgoroutineのスタックトレースだけを表示するように改良が行われています。

またcgoユーザーに対してはGoとCの間でのポインタの受け渡しルールが変更されことに対して注意が呼びかけられています。その他変更点の詳細はリリースノートで確認可能です。

Go

http://golang-jp.org/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/6940-go

スポンサーリンク