Google、Chromeにタブグループの自動作成機能を実装

S 20200919 102318

GoogleがChromeのプレビュー版で、自動的にタブグループを作成する機能の開発を進めていることがわかりました(Techdows)。

タブグループ機能は長い期間をかけて開発された、タブをグループとして整理・管理するための機能です。Chrome 85安定版では誰でも利用可能となっていますが、タブのグループをユーザー自身の手で作成しなければならないという課題が残っていました。

Googleはこの問題を解決するため、新規作成したタブを自動的にグループにまとめる機能を開発しており、Chrome Canary 87.0.4266.0では、試験的フラグを変更することによって実際に試してみることが可能です。

以下の手順で有効にできます。

  • Chrome Canaryを起動し「chrome://flags」を開く。
  • 「Tab Groups Auto Create」を検索して「Enabled」に変更。

    S 20200919 102047

  • 再起動する。

タブグループの自動作成が有効になっている場合、同じサイトのページを異なるタブで開いた場合、自動的にグループがつくられてまとめられます。例えばmicrosoft.comやapple.comのグループが自動的に作成されるのです。

現在Googleは、Chrome安定版でタブグループの折りたたみ機能をテストしており(chrome://flagsの「Tab Groups collapse」フラグを有効にすると誰でも使用可能)、リソース節約のために折りたたまれたタブグループを凍結する機能のテストも実施しています。

タブグループが、大量のタブを整理しきれないユーザーのための救世主的な機能になるのか今後も注目を集めそうです。

スポンサーリンク