Google Chrome CanaryにフルURLを常に表示するオプションが追加

S 20200326 194702

先週、Chromiumにウェブサイトの完全なURLを表示する機能が実装された事をお伝えしました。

現在のChromeのアドレスバー表示されているURLは、"www"や"https"が省略された形式となっていますが、実装された機能(「URLを表示」)をコンテキストメニューから呼び出すと、完全なURLを表示する事ができるのです。

今回この機能がGoogle Chrome Canaryに少し異なる形で実装され、利用可能になったことが分かりました(MSPoweruser)。

Google Chrome Canaryでは、"omnibox-context-menu-show-full-urls"フラグを有効にするとアドレスバーのコンテキストメニューに「Always show full URLs」が追加されます。

ユーザーがこのメニューを選択すると、メニューにチェックがつき、表示したWebサイトの完全なURLが常に表示されるようになります。

S 20200326 194755

機能を試したい場合以下の手順で実行します。

  • Chrome Canary v83.0.4096.0に更新
  • chrome://flags/#omnibox-context-menu-show-full-urls を表示
  • フラグを「Enabled」に変更して再起動
  • 任意のサイトを表示し、アドレスバーを右クリックして「Always show full URLs」を選択

Googleは現在Chrome安定版のアップデートを一時停止しており、この機能がいつごろ安定版で利用可能になるかは不明です。

スポンサーリンク