【悲報】Google、Chromeをクラッシュさせる16文字が見つかる

S 2015 09 20 11 08 04

世界中で最も使われているWebブラウザの一つ「Chrome」をクラッシュさせることのできる16文字のURLが見つかり話題となっています(VentureBeatslashdotNeowin)。

それは以下の16文字です。

http://a/%%30%30

このURLをChromeのアドレスバーにコピーして読み込ませると、現在の最新安定版「Chrome 45」をクラッシュさせることができるのです(実際Macの64bit版Chrome 45がクラッシュすることを確認しました)。

これだけ短く、一見無害そうなURLでChromeがクラッシュするとは驚きですが、発見者のAndris Atteka氏はChromiumのバグレポートにすでに報告済み。近い将来のバージョンアップで修正されると思われます。

スポンサーリンク