GRUB 2.04がリリース - 2年ぶりの新バージョン

S 20190706 100814

GNUが開発するブートローダー「GRUB」の最新版、「GRUB 2.04」が公開されました(Phoronix)。2017年に公開されたGRUB 2.02以来、2年ぶりの新バージョンの登場ということになります。

GRUBは多くのLinuxディストリビューションで採用されているブートローダーで、2.04では以下のような新機能が追加されています。

  • RISC-Vアーキテクチャのサポート
  • ネイティブなUEFIセキュアブートサポート
  • F2FSフィルシステムのサポート
  • 複数の初期initrdイメージのサポート
  • Btrfsの拡張
  • UEFI TPM 1.2/2.0サポート
  • GCC 8/GCC 9のサポート
  • Xen PVH仮想化のサポート
  • VLANサポート
  • ネイティブDHCPサポート
  • さまざまな不具合の修正

最新版のソースコードはGNU公式サイトからダウンロードできます。

スポンサーリンク