HandBrake 1.0.0がリリース - オープンソースの動画変換ソフトが13年で到達

S 2016 12 27 9 39 38

HandBrake開発チームは12月24日(現地時間)、動画変換ソフト「HandBrake」の最新版v1.0.0をリリースしました(公式ニュースslashdotPhoronix)。開発開始後13年で到達した記念すべきリリースであるとされています。

HandBrake v1.0の大きな新機能としてはまず、プリセットの更新があげられています。最近リリースされた新しいデバイスのためのプリセットや、高い互換性を確保するための汎用プリセット、Web公開用のプリセット、Matroskaプリセットなど、多くの新しいプリセットが追加されています。

またSkylake以降のCPUで利用できるIntel QuickSync Video H.265/HEVCエンコーダーの追加や、ドキュメントの更新、インストーラーの改善(Windows)、コマンドラインインターフェイスの、Windows版インストーラーからの削除、問題の多かったDirectX Video Acceleration (DVXA)の削除、HandBrakeが使用しているサードパーティライブラリの刷新、Ultra HD / 4Kカラーパススルーのサポートなど多くの変更が加えられています。

HandBrakeはオープンソースの動画変換ソフトで、Linux/Windows/macOSの各OS用の実行ファイルをダウンロードすることができます。

S icon タイトル HandBrake
公式サイト http://handbrake.fr/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/4810-handbrake
説明 DVDの内容をMPEG-4に変換することができる動画ユーティリティ。iPod用の動画に変換するのに便利。

スポンサーリンク