マルチプラットフォーム対応のプログラミング言語「Haxe 3.0」

NewImage

マルチプラットフォーム対応のプログラミング言語Haxeの最新版「Haxe 3.0」がリリースされています(リリースノート)。

Haxe 3 New Featuresによると、バージョン3.0では、抽象型、配列内包表現、ジェネリックファンクション、マップ、マクロ具象化(?)、パターンマッチングの改良などが行われているようです。

そもそもHaxeって?

全く知らなかったので調べてみました。Wikipediaによると以下のように説明されています。

汎用プログラミング言語の一つである。静的型付けのオブジェクト指向言語であり、構文はActionScriptおよび標準化が中止されたECMAScript 4に類似している。Adobe Flashおよび独自のVMで実行可能なバイトコードにコンパイルされるほか、JavaScript、ActionScript、C++、C#、Java、PHPへのソースコードの変換が可能であるため、主にマルチプラットフォーム開発を目的として使用される。

Javaのように実行環境がいろんな環境で動くわけではなく、Haxeのソースコードから他の言語のソースコードに変換することで、マルチプラットフォームに対応しているようです。

Haxe自体のソースコードは割と素直で分かりやすそうなイメージです。

class Main 
{
    public static function main() 
    {
        trace("Hello world");
    }
}

便利かも

Haxeでソースを書いておけば、いろいろな環境でプログラムを動かせそうで、便利そうな予感がします。近年プラットフォームが多様化しているので、こういう技術は必要かもしれません。どこまで対応できるのかよくわかりませんでしたが、iOS用のコードまで生成できるみたいです。以下参考になりそうなリンクなど。

ということで紹介でした。

スポンサーリンク