Inkscape 1.0がついに登場 - オープンソースのベクターエディタ、macOSをネイティブサポート

S 20200506 123302

Inkscape開発プロジェクトは5月4日(現地時間)、オープンソースのベクターグラフィックアプリ「Inkscape」の最新版「Inkscape 1.0」を公開したことを発表しました。InkscapeはWindows、Linux、macOSで利用可能なマルチプラットフォーム対応アプリで、公式サイトから実行ファイルをダウンロードすることができます。

InkScape v1.0はXQuartzなしでmacOSをネイティブにサポートした最初のバージョンで、今後のさらなる改良が予定されています。またLinuxとWindows版ではよりスムーズで優れたパフォーマンスを実現しています。

ペンシルツールには圧力に応じた幅で使用できるPowerPencilモードが導入され、PDF書き出しツールはクリック可能なリンクやメタデータをサポートしています。新しいテンプレートや、ブラウザで動作するメッシュグラデーション、新しい行高設定など、さまざまな新機能が追加されています。

なお拡張システムに関しても根本的な変更が行われ、 Python 3の論理的で完全にテストされた拡張機能APIへの移行が行われています。サードパーティの拡張機能の互換性が確保されているわけではないため、ユーザーに対して注意を促す案内が行われています。

スポンサーリンク