4年の月日を経てメジャーバージョンアップした「Inkspace 0.91」がリリースされる

NewImage

オープンソースのベクタードロー系ツール「Inkspace」の最新版「Inkspace 0.91」が1月30日(現地時間)にリリースされました(ニュースリリースノートslashdot)。現在公式サイトから、Windows / Linux / Mac OS X用のインストーラーパッケージをダウンロードすることができます。

Inkspaceのリリースが遅れた理由の一つとして、レンダリングエンジンをCairoに変更したことが挙げられて、今バージョンよりCairoレンダリングエンジンが表示とPNGエクスポートに使用されるようになりました。その他、シンボルライブラリと Visio ステンシルのサポートや、クロスプラットフォームでの WMF/EMF のインポートおよびエクスポート、ネイティブ Windows 64-bit でのビルド、重要な不具合の修正など多くの変更が行われています。

前回のメジャーバージョンアップ版「0.48」がリリースされたのが2010年8月23日で、それ以来のメジャーバージョンアップ版となります(その間バグフィックス版のリリースは行われていました)。Inkspaceユーザーにとっては待望のバージョンアップといえそうです。

スポンサーリンク