Affinity Designer/Photo for Macのv1.6が公開 - 期間限定のボーナスコンテンツも

800x500bb

Serifが開発するMac用の人気グラフィックツール「Affinity Designer」の最新版v1.6と、「Affinity Photo」の最新版v1.6.6が公開されました(公式ブログ9to5Mac)。それぞれMac App Storeを利用して最新版に更新可能です。

Affinity Designer App
カテゴリ: グラフィック&デザイン
価格: ¥6,000
Appleデザインアワード2015を受賞したドロー系アプリ。
Affinity Photo App
カテゴリ: 写真
価格: ¥6,000
豊富な機能を搭載したプロフェッショナルな画像編集アプリ。

最新版ではパフォーマンスの改善やフリーコンテンツの期間限定提供のほか、以下のような新機能が追加されています。

Affinity Designer v1.6:

• 軽量なユーザーインターフェイスを選択できる新しいオプション
• すべての鉛筆およびブラシツールに対応するストローク安定化の新機能
• macOS High Sierra向けに最適化されたMetal 2アクセラレーションによる表示
• 最近使用したもの、使用されているもの、お気に入りをすぐに選べる新しいフォント選択用ドロップダウン
• 新しいグリフブラウザ
• ビューのパン/ズームのパフォーマンスが向上
• 大きなドキュメントでのパフォーマンスが向上
• キーアイテムを基準とした位置合わせ
• テキストフレームの垂直方向整列オプション
• フレームをテキストに合わせて調整
• マルチストップのグラデーションのベクターエクスポートなど、PDFのエクスポートに関する多数の改良
• "すべてロック解除"および"すべて表示"のコマンドを追加
• 数々の不具合修正とその他の改良

Affinity Photo v1.6.6:

• 軽量なユーザーインターフェイスを選択できる新しいオプション
• すべての鉛筆およびブラシツールに対応するストローク安定化の新機能
• 新たなアプリ内編集機能によるApple Photosとの統合
• macOS High Sierra向けに最適化されたMetal 2アクセラレーションによる表示
• ビューのパン/ズームのパフォーマンスが向上
• 大きなドキュメントでのパフォーマンスが向上
• 最近使用したもの、使用されているもの、お気に入りをすぐに選べる新しいフォント選択用ドロップダウン
• 新しいグリフブラウザ
• キーアイテムを基準とした位置合わせ
• テキストフレームの垂直方向整列オプション
• フレームをテキストに合わせて調整
• カスタムブラシによるウェットエッジ
• 標準から逸脱した要素のスタッキングモード
• Photoshopプラグインのサポート強化
• ライブフィルタのパフォーマンス向上
• マルチストップのグラデーションのベクターエクスポートなど、PDFのエクスポートに関する多数の改良
• 数々の不具合修正とその他の改良

なお11月16日までの期間限定で無料提供されているボーナスコンテンツは以下の通りです。

Affinity Designer:

  • Frankentoon Texturizer Pro Brush Pack − Over 70 brushes created exclusively for Affinity Designer
  • Tom Chalky Handcrafted Fonts & Textures – A huge bundle of stylish fonts and over 80 textures
  • Grade UI Kit – More than 1000 fully-customisable elements, icons, panels and buttons

Affinity Photo:

  • Dirk Wüstenhagen Fine Art Texture Collection − 99 beautifully crafted, high-resolution textures
  • Uplift Epic Skies Overlay − A versatile collection of 50 striking cloud overlays
  • Macro Pack − A stunning set of image styles, light leaks and distortions

無料コンテンツは「ヘルプ > ようこそ」で表示される以下の画面で「無料のコンテンツをダウンロード」のあとの「今すぐ請求」ボタンをクリックするとダウンロードできます。

S 20171103 94655

ボタンをクリックするとWebブラウザが起動し、affinity store経由でコンテンツを取得できます。

スポンサーリンク