【自己PR】iTerm2の色設定をPutty用に変換するツール「iterm2putty」を作った

Skitched 20140117 204921

iTerm2のテーマをPuttyで使いたいと思い、色設定を変換するRuby製小物ツール「iterm2putty」を作りました(GitHub)。一部のマニア以外全く用がないツールだと思いますが、せっかくなのでご紹介。

何をするものなのか

iTerm2の色設定ファイル(plist形式の.itermcolorsファイル)を読み込み、標準出力にPuttyの色に関するレジストリ設定を書き出すツールです。

2014 01 16 165656

最初の画像のiTerm2と全く同じ色設定をPuttyに適用するとこのようようになります。フォントが異なるので全く同じ見た目は再現できませんが、色は同じです。

iTerm2の色設定ファイルはデフォルトでついてくるものとか、以下のリンクからダウンロードしたものを使うことができます。

使用方法

git cloneしてきてローカルにbundle installするのがおすすめです。

$ git clone https://github.com/src256/iterm2putty.git
$ cd iterm2putty
$ bundle install --path .bundle

あとは好きなiTerm2の色設定ファイルをみつけてきて、結果をregファイルにリダイレクトしてください。

$ bundle exec ruby bin/iterm2putty sample.itermcolors > sample.reg

レジストリファイルのセッション名の部分を、自分が使っているPuttyのセッション名に書き換え、Windowsマシンにコピーしてダブルクリックすれば完了です。既存の色設定は上書きされます。必要ならば先にバックアップしておいてください。

ツールが書き出すセッション名は以下のように「sample」固定になっているので、ここを書き換えてください。

[HKEY_CURRENT_USER\Software\SimonTatham\PuTTY\Sessions\sample]

2014 01 16 165809
Puttyのセッション名は「セッション一覧」のところに表示されている文字列です。

まとめ

色の変換は手探りで行っているので、ひょっとしたらバグっている可能性があるかもです。なにか不具合がみつかった場合は、pull requestよろしくです(これがいいたかった)。

iTerm2とPuttyの色設定に関する情報は、私のWikiに(断片的にですが)まとめてあります。こちらもよかったらどうぞ。

スポンサーリンク