Java 11がリリース - 6ヶ月リリースモデル移行後の最初のLTS版

S 20180926 95102

Oracleは25日(現地時間)、Javaのメジャーバージョンアップ版「Java 11」をリリースしたことを発表しました(Phoronix)。現在Linux/macOS/Windows/Solaris SPARC用のOracle版JDK/JRE実行ファイルをOracle公式サイトよりダウンロードすることができます。

Java 11は、OracleがJavaに6ヶ月のリリースモデルを採用して以降に公開された初のLTS版ということになります。

Java 11にはオープンソース化されたMission ControlやFlight Recorderが追加されたほか、ガベージコレクタの改良や、HTTP/2をサポートしたHTTPクライアントAPIの追加、ChaCha20暗号のサポートなど、各種新機能が追加されています。

Oracle版のほかOpenJDK版も公開されていて、これはjdk.java.netからダウンロード可能です。

スポンサーリンク