Oracle、「Java SE 8 Update 71」をリリース

S 2016 01 21 0 01 27

米Oracleは1月19日(現地時間)、Java 8の最新アップデート「Java SE 8 Update 71」をリリースしました(リリースノート窓の杜)。

今回のリリースは4半期ごとに行われるCritical Patch Updatesのもと公開されるアップデートで、Java SEでは合計8件の脆弱性が修正されています。詳細は、Oracle製品のセキュリティに関する修正を一覧できる「Oracle Critical Patch Update Advisory」で確認することができます。

なお、同時にリリースされている「Java SE 8 Update 72」は patch-set update(PSU)で、Update 71に対して行われたセキュリティ修正に加え、いくつかの新機能が追加されている開発者向けのリリースとなっています。

スポンサーリンク