JavaFX 11がリリース - クロスプラットフォームのGUIライブラリ

S 20180919 105046

OracleのKevin Rushforth氏は9月18日(UTC)、Java VM上で動作するGUIライブラリ「JavaFX」の最新版「JavaFX 11」をリリースしたことを発表しました。

GA版のJavaFX 11は、OpenJFX のコミュニティサイトopenjfx.ioからダウンロード可能なほか、mavenのセントラルリポジトリから「openjfx:javafx-COMPONENT:11」と指定することで入手することができます。

今回のリリースはJavaFX 11からの最初のスタンドアロンリリースで、現在リリース候補が公開されているJDK 11、またはJDK 10(OpenJDKビルドのみ)で動作可能とのこと。

JavaFXは、AWTやSwingより後発のGUIライブラリとして、GUIが必要なクライアントアプリ開発に使用されています。

スポンサーリンク