Jenkins 2.0 Betaがリリース - パイプラインの導入、ユーザービリティの改善、完全互換あり

S 2016 03 28 9 45 00

Jenkins開発チームは3月25日、継続的インテグレーションツール「Jenkins」の最新ベータv2.0 Betaをリリースしました(アナウンスHacker NewsReddit)。現在公式サイトより.warファイルおよび、Windows/Linux/OS X用のネイティブパッケージをダウンロードすることができます。

Jenkins 2.0の大きな改良点として処理をDSLで記述できるパイプラインプラグインの導入や、ユーザービリティの改善があげられています。

パイプラインはJenkinsをcontinuous integration(CI)ツールにとどまらずcontinuous delivery(DI)ツールとして活用するために導入された機能。domain-specific language(DLS)によって処理の検証やバージョンコントロールが可能となり生産性のさらなる向上をもたらします。

NewImage

Pipeline Stage Viewと呼ばれる新しいUIでパイプライン全体の進捗状況を簡単に確認することができます。

ユーザビリティの改善においては、プラグインをサジェストする機能の導入によって膨大なプラグインリストから目的のプラグインを見つけ出すことが簡単化されたほか、"Create Item"ページの改良や、Job設定ページへのタブの導入による改善が行われています。

Jenkins 2.0はJenkins 1.xシリーズと完全な下位互換性を持つよう設計されていますが、ベータ版では異なるJenkinsホームディレクトリを設定して運用することが推奨されています。

Jenkins https://jenkins.io/
ソフトアンテナ https://www.softantenna.com/softwares/7076-jenkins

スポンサーリンク