「JRuby 9.0.0.0.pre1」リリース - Ruby 2.2の機能を導入中

JRuby org

Java言語によるRubyインタプリタ実装「JRuby」の最新プレビュー版「JRuby 9.0.0.0.pre1」が20日(現地時間)、リリースされています(リリースノート)。現在公式サイトから、バイナリ / Windows実行ファイル / ソースファイルなどの形式でダウンロードできます。

JRuby 9.0.0.0.pre1でまず驚くのはバージョン番号が一気に上がっていることかもしれません。JRuby 9000という呼び名に関しては「多年の努力とJRubyサブシステムの広範囲のリブートを表している」と説明されています。

JRuby 9000の主な機能配下の通りです。

  • Ruby 2.2との互換性(ただし一部機能はまだ実装されていない)。
  • 伝統的なコンパイラー設計に基づく新たな最適化ランタイム。
  • POSIXフレンドリーな新たなIOとプロセス。
  • MRIから完全に移植されたエンコーディング/トランスコーディングロジック。

Ruby 2.2の機能として以下の機能はまだ実装されていません。

  • Refinements #1062
  • Enumerator#feed
  • Kernel#spawn close-on-exec support
  • ObjectSpace::WeakMap#each and Enumerable inclusion
  • ObjectSpace::count_objects
  • Thread#handle_interrupt is not yet fully functional
  • POSIX-friendly IO, TTY, and Process logic is not used on Windows

2014年12月9日にリリースされた最新安定版は「JRuby 1.7.17」だったので一気にジャンプアップしたJRuby 9000に期待が集まりそうです。

スポンサーリンク